FC2ブログ
お花とカウンセラーの日記
プリザーブドフラワーのアレンジを行うネットショップの店長から、カウンセラーを目指して突き進むmariの日記です。
美人猫レイナさんの一発芸!
こんにちは。mariです。

我が家の美人猫レイナさん(メインクーン)には、一発芸があります!!
私が、「ウィーン」とか「ヒュン」とか掛け声をかけると、かざした手に頭をタッチします!!
可愛くて、芸が終わると「すごいねー、レイナ」と体中をヨシヨシするので、レイナさんは
嬉しくて、更にウィーンに付きあってくれます。

夫からは、一言

「猫バカ」

と言われてます。

↓ウィーンの一芸、是非御覧ください。

http://video.fc2.com/content/20180922BXCYrNkt/

1537610575557.jpg

スポンサーサイト
[2018/09/22 14:08] | ペット | トラックバック(0) | コメント(2) |
ペットの塔婆供養
こんにちは。mariです。

今日は、秋の彼岸の入りでしたね。今年、二匹のペットを亡くしたので、2年前にリンパ腫で
亡くなった猫のブルーと共に、日蓮正宗のお寺で塔婆供養をしてきました。

毎回、塔婆供養の時は、供養された方やペットが、挨拶に天界から来てくれるのですが、
今日も来てくれました。

お焼香し、お経を唱えていると、お焼香の立ち上がる煙の中にシオンがいて、天へ向かって
行こうとしていて、「シオン!!」と心の中で叫ぶと、シオンが「後ですぐ、またmariさんの
傍にいくよ」と言ってくれました。

その後、住職のお話の時は、シオンが先頭に立って、楽しそうに元気な姿で走っていて、
その後ろをブルーがメタボな姿のままで、俊敏に早歩きしていて、最後にさくらが、しっぽ
をブンブン振って嬉しそうに歩いていました。

あー、天界で3匹で仲良くしているんだなーと安心し、嬉しかったです。

ありがとうね!!

<シオン>
sanpo1.jpg

<ブルー>
sanpo2.jpg

<さくら>
sanpo3.jpg

なんだか、シオン達のためにやるべきことはやったという気持ちで、ほっとしたせいか
帰宅後、これまでの8/1からのシオンやさくらの看病生活の疲れが出たのか、熱を
出してしまいました。
今は、薬で治まってますが、明日はどうかな?
[2018/09/21 01:04] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
シオン埋葬
こんにちは。mariです。

なかなか、シオンの事で感情の切り替えがまだ上手くできず、涙の回数は減ったけど、
相変わらず悲しみの中にいます。

今日、シオンの埋葬をお願いした共同墓地の動物霊園から封筒が届きました。
シオンは、9月11日に無事火葬され、共同墓地に埋葬したので、いつでも見に来てください
というお知らせでした。

夫と、今度の月曜日に共同墓地へシオンとお別れの挨拶をしてきます。人間なら初七日に
なる日かな?

これから、ゆっくりと悲しみからも解放されていくのかな?
でも、シオンの事は忘れない!!

亡くなった時、棺に白い花(カサブランカ、トルコキキョウ)を入れたので、墓参りのときも、
白いゆりをもっていこうかなと思っています。

シオンのアルバムももう少しでできそうです!

あとは、ブルーの写真立てはもうあるから、さくらとシオンの写真立ても購入して、写真を
飾ろうと思います。

今、病気もなく元気でいる残り4匹の猫さん達も、もう高齢化が進んでいるから、今度は
早い段階で悪いところを見つけ、完治できるように、大往生になるようにしてあげたい
です。

<火葬前のシオン>
P1100918.jpg

P1100919.jpg

[2018/09/13 21:31] | ペット | トラックバック(0) | コメント(2) |
シオンの記憶を消さないで(解離性健忘)
こんにちは。mariです。

9月9日の午後に最愛の猫、シオンが逝き、その日は通夜で一睡もしなかったせいか、
昨日朝から霊園までシオンを連れていき、帰宅後私の意識は混濁していました。

自分がおかしくなったと感じ、急いで友人にメールしました。

<メールの内容>
こんばんは。

今日は、朝はすごい雨の中、ひらかた動物霊園までシオンを連れていきました。お焼香して
最後のシオンの顔を見て、お別れを。昨夜のうちに、シオンを笑顔で見送ろうと、今回は、
現世でのお別れというだけで、シオンとは来世でまたきっと会える。現世での体はなくなるけど、
シオンの魂はもう体と離れてて、いつでも感じれる。だから大丈夫と言い聞かせていたのですが、
駄目でした。お別れの時ボロボロでした。

その後、帰宅して、夫は昨夜、運転しないといけないから少し寝たのですが、私は徹夜だった
せいか、頭が混乱していて、シオンの汚れたシーツやおむつ、エサ入れ等を夫が片付けようと
したので、

「やめて!!シオンが存在していた証拠を消さないで。
一週間だけでいいから、このままにして。気が済んだら片付けるから!」

と言い、夫からせめておむつは捨てようと言われ、シオンの使用済みのおむつをシオンが
おしっこしたんだー、シオンは確かにここにいたと感じながら片付けました。

そして、それからシオンの事を思い出そうとすると、何故かシオンの顔が思い出せず、ルイの
顔になるのです。多分、持病の解離性健忘になったようで、一時的な記憶喪失(シオンの記憶
だけ)になってしまいました。

「どうして?あんなに大切な思い出が」

と、必死で写真をスマホやライン、ブログで見て、数時間したらなんとかシオンの顔を思い
出せるようになりました。そして、今思い出せているうちに、シオンの思い出を全て記録に
残そうと思いました。アルバム等の形で。

これまでの疲れと、昨日の徹夜が私をおかしくさせたみたいです。今日はゆっくり寝ます。

頑張って、お花のレッスンまでには元気になりますね!

************************************

かなーり、怪しい人でした。そして、昨日は霊園から帰宅してから、ずっと「シオン!!」
と叫びながら大泣きしたせいか、夫が仕事から戻った時には、目は腫れ上がり、顔は
こけて、土気色になり、夫からかなり心配されました。

今は、睡眠を5時間ですが取ったので、まともです。

昨日の私は、猫のレイナからも心配され、レイナはずーっと私のそばにいてくれ、私が
トイレ等で部屋からいなくなると、ドア近くでニャーニャー鳴き、私を探してました。

シオンの気配も昨日、今日とずっとしています。私の足にからみつくように、ずっと
私を心配して傍にいます。

頑張って、来週までには精神を安定させるからね!

<私達の可愛い赤ちゃん、シオン>
1536589642088.jpg

1536589831205.jpg

<まだ片付ける事ができないままのシオンのサークル>
1536645536612.jpg

1536645597786.jpg

[2018/09/11 11:06] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
シオン虹の橋を渡って
こんにちは。mariです。

2018年9月9日 14:00

シオンが痙攣をおこし、病院での処置もむなしく、虹の橋を渡って行って
しまいました。

私が、シオンの異変に気づいた時は、シオンは流動食を吐き出し、口で
なんとか呼吸をしてぐったりしていました。その後すぐ病院へ連れて行った
のですが、着いた時には呼吸は途絶え、心臓はなんとか動いているという
状態でした。そして、先生方の必死の治療もむなしくシオンは息を引き取り
ました。

シオンが、初めて動物病院に来て、「縦隔気腫」と診断され、酸素室での
治療が始まって、もう3年が経過したところでした。
なんだか、もっと長かったような気がします。

<縦隔気腫>
シオン気縦隔2

シオン気縦隔1

それから、度々呼吸器が弱く、気管支炎になっては入院し、家では酸素室でという
生活の繰り返しでした。
そして、大分良くなってきたら、ステロイドの副作用で糖尿病になってしまいました。
糖尿病の合併症で、白内障、後ろ足を引きずるとなり、それでも食事制限とインシュリン
注射で、やっと糖尿病も良くなってきたという矢先、低血糖で痙攣をお越し、2回入院。
そして、前回のblogに書いたような状態となりました。

シオンが病院で亡くなり、先生がシオンを綺麗にして棺に入れてくれている間、部屋
で待っていたら、シオンが芝生に優雅に座り、シロツメクサの花冠をかぶり、白い蝶々
が二匹舞っている中を幸せそうにこっちを見てました。

天界へたどり着いたんだなーと思いました。

シオン無言の帰宅後、少し気持ちが落ち着いてから、友人Yさんと電話で話しました。
シオンは今どうしているのか、何を思っているか教えて欲しいと。
(Yさんには不思議な能力があるのです)

シオンは、「パパさん、ママさんありがとう」と、言っていたよ、何回も。ペットでなく家族
みたいにと言われました。

シオン、私の可愛い、可愛い赤ちゃん。

そして、急に逝ったのは、本来なら月曜から一日5回の流動食をカテーテルでシオンに
時間をかけて与えないといけないとなっていたのですが、それをシオンが二人に負担
をかけることになると思って、死を選んだと教えてくれました。

確かに、負担は大きく、一人で介護するのに不安でいっぱいでした。でも、シオンの
ためなら頑張れたのに…。

だけど、シオンのお陰で救われた気持ちがあります。ありがとうね、シオン。
今日は通夜で明日霊園まで、シオンを連れていきます。

なんか、家からシオンの姿がなくなったら、私は立っていられないような気もします。
さくらの死から一週間経ってないのに、シオンまで。

神様、仏様の存在を信じられなくなってます。

でも、シオンのためにも、私も夫も乗り切らないといけませんね。

<シオンの若かりし頃>
20080116224306_201809100200063eb.jpg

20071204181954_201809111507339d2.jpg

20080126210855_201809100200074f0.jpg

201008011751050a1_2018091002001136f.jpg

20080203112500_201809100200093e1.jpg

shion_chan_20180911150842929.jpg

[2018/09/10 02:04] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
病気のオンパレードやわー
こんにちは。mariです。

このところ、シオンは痩せたからか、額がゴツゴツしていて丸く塊があるように
なってきていて、どうもスマホで毎日シオンの写真を撮っていたので、よーく
見てみると、どうも一番最初に低血糖で入院になった時には、ごくごく自然な
額だったのに、鼻にカテーテルを入れて流動食を開始したあたりから、額が
ゴツゴツしてきた事が分かりました。

<額にピンポン玉くらいのできものが>
hitai.jpg

で、カテーテルを入れた時に傷ついて内出血でもしたのかな?と主治医のS先生
に相談したところ、今日できものの中の組織を注射器で吸い取り、培養して検査
してくれました。

結果は…、

「感染か、鼻のリンパ腫のどちらかで、まだグレーゾーンです」

と。今、正確な検査をするには、麻酔をかけないといけなくて、シオンは今そこまで
体調がよくないので、まずは体重を増やすためにカテーテルを鼻に入れて、流動食
を入れましょうと。

「リンパ腫」2年前にアメリカンショートヘアのブルーがなって発見から4日後に亡く
なった病気です。血液の癌。シオンまで?と頭が真っ白になりました。

取り敢えず、カテーテルを入れて大丈夫か確認するまで時間がかかるという事で、
一旦夫と歩いて家まで帰りました。帰り道、「ブルー、さくら、シオンまで連れていかないで」
と悲しくて涙が止まりませんでした。

そして、帰宅して、友人や母、夫から、「まだリンパ腫と決まったわけじゃない」と叱咤激励
され、なんとか落ち着き、再びシオンの引き取りに病院へ行きました。

で、先生に「いつリンパ腫か感染か区別がつくのか」と聞いたら、今日抗生物質の注射を
打つので、それで額のできものが小さくなれば感染で、どんどん大きくなるようならリンパ腫
ですと言われました。

これから、シオンに栄養補給にカテーテルで、一日5回くらい流動食を与える日々の再開
です。額のできものが小さくなっていくことを祈って。
[2018/09/08 22:25] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
さくらのお別れの挨拶
こんにちは。mariです。

今日は、風がひどく速い「台風21号」が、私がいる大阪や、神戸、和歌山、京都
等で甚大な被害をもたらしました。
我が家では、庭に置いていた鉢植えをひっくり返して、鉢と花を別れさせ、鉢だけ
風でどこかに飛んでいくという地味ですが、後が大変な被害をもたらしました。

こんな台風の中、夫は会社へ行ってしまったので、一人寂しく日中雨戸を全部閉め
風のすごい音の中ネコ達と過ごしていました。

で、本当になにげなく、天井を見上げると、昨日亡くなった愛犬さくらが、昔私が買った
水色と茶色のセーターを着て、空を楽しそうに、軽くなった元気な姿で飛んでいました!

数秒して私も微笑んでいたら、消えてしまいました。

天界へと旅立ったんだなー、お別れの挨拶に来てくれたんだーとしみじみしました。

夜、無事会社から戻った夫にそれを告げると、なんだか泣きそうな顔をしてました。
夫が一番さくらを可愛がっていたから。

<生前のセーター姿のさくら>
sakura_tenkai.jpg

それと、シオンが絶対大丈夫という単位でインシュリン注射を始めたのですが、シオン
が想定以上に食事を食べなくなったので、昨日さくらの引き渡しをし、家に帰って、
シオンと一緒にいたら、シオンの状態が力が抜けてふにゃーと意識が薄れていて、
「シオンが死んじゃう!!!」と急いで病院に行ったら、「低血糖」でした。血糖値は36!!
また入院で、振り出しに戻ってしまいました。。。

「なーんか、さくら、シオンと不幸のオンパレードやわー」と夫と一緒に笑っちゃいました。

明日には退院と主治医のS先生には言われたのですが、今日明日とS先生はお休み
の日なので代わりの先生が治療にあたってくれたのですが、シオンが食事を食べない
らしく、明日の朝電話で退院できるか聞く事になりました。
また、チューブで流動食になるのかな?悲しいけど、もう笑うしかないという感じです!
[2018/09/05 00:18] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
さくら、虹の橋渡る
こんにちは。mariです。

我が家のネコ6匹達と仲がよく、犬なのにネコ達と毛づくろいしていたMダックスフンド
の「さくら」が今日の午前3時、老衰で虹の橋を渡っていきました。17歳と3ヶ月、人間
でいえば100歳のおばあちゃん犬でした!

4日前くらいから、食欲が落ちてきて、色々缶詰を替えてはいたのですが、食べてくれず、
嘔吐や下痢を繰り返すようになり、嘔吐がひどくかわいそうな最後でした。老衰とはいえ、
いつもシオンが行っている病院の主治医さんに、相談し、吐き気止めの注射を打って
もらっていれば、もっと穏やかに最後を迎えれたのにと後悔するばかりです。

そして、先程、ブルーが眠っている霊園に、さくらも箱に寝させ、花を散りばめて火葬の
お願いをしてお別れを告げてきました。

いつもいた場所にさくらがいない。いつも触ると嬉しくてしっぽをブンブン振っていたさくら。
ブルーが待っているよ!二匹仲良く幸せに。

<在りし日のさくら>
sakura_o001.jpg
2001年6月1日生まれ。♀のミニチュアダックスフンド。アメリカチャンピオンの子供でした。

sakura_o002.jpg

sakura_o0.jpg

sakura_o1.jpg

17年間、ありがとう!
[2018/09/03 12:16] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
シオンの徘徊でダウン
こんにちは。mariです。

昨日、今日と一日中シオンの介護に明け暮れて、一人で一生懸命やっていた
せいか、昨日の夜は精神的にかなり参り、ノイローゼ気味にまでなってました。
そのため、今日は楽できるところは楽するという精神でなんとか乗り切りました。

シオンは、夜夫が戻るまではサークルの中で過ごすのですが、サークルの床
の上に水などが下に漏れないようビニールを敷き、更にその上にペットの
トイレシーツを敷き詰めて、エサや水の入ったお皿を置いていたのですが、
シオンが寝ている時間以外は、ずーっとサークルの中をぐるぐると徘徊する
ので、足がまだ悪いシオンにはビニールが邪魔みたいで、歩く度にシーツが
ずれていき、目が見えていないから、皿の中に足を突っ込む、ずれたシーツ
の隙間で尿をするといった具合で、その度に濡れたシーツは取り替え、シーツ
を並べ直したりを頻繁にやっていたら、嫌になってきました。
それで、昨日は疲労困憊で精神的に参ったので、今日はもうシオンには悪い
けど、サークルの中でもずっとおむつをはかせました。

でも、徘徊の回数は減らず下記の通り。

<徘徊前>
haikai_shion1.jpg

<徘徊数回後>
haikai_shion3.jpg
もうビニールもシーツもぐしゃぐしゃ。足で踏むから皿はサークルの外に置き
シオンが欲しそうな時にサークルの中に入れてます。

何故、サークルの中をずーっと、柵に沿って徘徊するのかな?
目が見えなくて、今いる場所がよく分からなくて不安なのかな?

徘徊で疲れて寝ているシオンの顔を見ていたら、

どうか、シオンの夢見ている間だけでもカラーの映像でありますように!

と祈るばかりでした。
どうか、シオンの視覚が戻ってきますように。
[2018/08/21 21:47] | ペット | トラックバック(0) | コメント(2) |
回復に向かって
こんにちは。mariです。

明日から、日中一人でシオンの介護の始まりです!

シオンは、先日のblog後から目ざましい回復力で、キャットフードと水を病気に
なる前と量が同じになるくらい食べてくれるようになり、薬もシリンジから飲んで
くれるようになり、チューブはもう必要なくなりました!
一日四回のシリンジでの流動食等がなくなりました。

でも、まだ目があまり見えていないようなので、キャットフードと水を与える時は
目が離せません。
また、目が見えない割には、歩き回るので変なところへ行かないよう、また水
やキャットフードが入ったお皿を踏まないよう見ておかないといけません。

疲れたら、シオンをサークル内に入れて一呼吸かな?

<人の傍が好きなシオン>
kaifuku.jpg
退院後も相変わらず、人にぴったりするシオン。

でも、今日の朝くらいから、便秘のせいかキャットフードをあまり食べてくれなくなり、
病院へ連れていき、便秘の原因の固い便を取ってもらったのですが、まだ元気が
ないので、明日の調子次第で、シオンをまた病院へ連れて行こうか決めようと思って
ます。

単なる便秘だといいのですが…。
[2018/08/19 23:57] | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

mari

Author:mari
天然ボケのmariさんに飼われている猫のblueです!2002/6/2生まれの♂のアメリカンショートヘアです。他にもMダックスフンドのさくら(♀、2001/6/1生まれ)やメインクーンのルイ(♂、2005/9/1生まれ)や三毛のメインクーンのイヴ(♀、2006/9/11生まれ)、メインクーンのレイナ(♀、2007/3/7生まれ)、メインクーンのセイラ(♂、2007/4/14生まれ)、メインクーンのシオン(♂、2008/6/30生まれ)も出てくるよ♪

2016/3/25 ブルーリンパ腫で虹の橋を渡る。

mariさんは、お花に力があると信じて、お花とカウンセリングを両方行うことで、健康になれると信じて頑張ってるよ!
是非、HPのhttp://aoitori-loiseaubleu.jp/
も見に行ってね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター(since 2016/1/22)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する