お花とカウンセラーの日記
プリザーブドフラワーのアレンジを行うネットショップの店長から、カウンセラーを目指して突き進むmariの日記です。
リストカットから立ち直るための本
こんにちは。mariです。

ここのところ、ずっと本「こころのウィルス」(鬱病を治す方法のところ)と
下記の「自分を傷つけずにはいられない」という自傷を治すための本を
何度も読み返していました。自分の中で納得し、整理するために。

「自分を傷つけずにはいられない:松本俊彦著」
自傷の本を読んで

私は、初めてリストカットしたのは、私が初めて子供を産み、育児休暇から
会社へ復帰してから約一年くらい経ってからでした。余りの仕事の忙しさと
「リーダー」という立場上、人間関係に悩み、そしてこれだけでも十分なのに、
育児と家事と仕事の両立という問題を抱えて、一人苦しんでいました。
そして、ある日、イライラをつい子供にあたってしまい、自分を責めて、カッター
で手首を数回切りました。
そして、そのことを医師に相談したら、「自殺未遂」と勘違いされ、「会社を
休むように」とドクターストップをかけられました。
その後、病院を二度変わり、カウンセラーも3人変わり、やっとリストカットも
止めることができました。でも、最近になって余りに精神的につらい事があり、
またリストカットをしてしまいました。でも、前とは違い、やたらとめったら
傷つけることはなくなりました。

この本は、「現在リストカットしていて、それを止めたいと思っている人」へ
書かれた本です。具体的に、どうやってリストカットを止めるのか書いて
あります。
また、あなたを心配している人にも読んでもらったら、いいなという本でも
あります。

本の中のほんの一部を紹介させて頂きますね。

リストカットをする人達は、

「身体の痛みで心の痛みに蓋をしているんです」
「自傷する人が切っているのは皮膚だけではないのです。意識の中で、
つらい出来事の記憶やつらい感情の記憶も切り離し、何もなかったこと
にしている、ということなのです」

リストカットをした事が無い人には、「何故身体の痛みで心の痛みが消えるの?」
と頭が「?????」となった方もいると思います。
これには、ちゃんと研究がされていて、自傷をする人には脳内のエンケファリン
(脳内麻薬)産生が刺激されており、その結果「心の痛み」が緩和されている
可能性を示しているそうです。

本の中で、著者は「リストカットはいけない」とは、決して言っていません。
逆に、リストカットを責める人達を批判しています。

でも、リストカットする事に潜む危険を挙げ、リストカットから回復する手段を
述べています。

危険とは、

「第一に自傷は短期的には困難で苦痛に満ちた状況を生き延びるのに役立ち
ますが、問題の根本的な解決にはならず、長期的にはむしろ本人を取り巻く
困難な現実はますます困難さをきわめ、苦痛はいっそう厳しいものとなります。
第二に、自傷は繰り返される中で「耐性」を生じ、同じ鎮痛効果を得るのに必要
な自傷はより重篤なものとなり、エスカレートしていきます。第三に、以前よりも
ささいなことでも自傷する必要を感じるようになっていきます。」

そして、
「「自傷は死への迂回路」とし、大切なのは、迂回して稼いだ時間を使って、生き
延びるための対策を立てること」
と言っています。

そして、具体的に「自傷日誌」をつけたり、そこからトリガーを判断する方法等が
記載されています。

リストカットを治してみませんか?是非この本をご一読する事をお薦めします。
スポンサーサイト
[2017/02/25 17:55] | カウンセラー | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<未来日記の効果とWhite Day/母の日商戦に向けて | ホーム | 解離と自傷行為の関係>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/1057-9e83c2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mari

Author:mari
天然ボケのmariさんに飼われている猫のblueです!2002/6/2生まれの♂のアメリカンショートヘアです。他にもMダックスフンドのさくら(♀、2001/6/1生まれ)やメインクーンのルイ(♂、2005/9/1生まれ)や三毛のメインクーンのイヴ(♀、2006/9/11生まれ)、メインクーンのレイナ(♀、2007/3/7生まれ)、メインクーンのセイラ(♂、2007/4/14生まれ)、メインクーンのシオン(♂、2008/6/30生まれ)も出てくるよ♪

2016/3/25 ブルーリンパ腫で虹の橋を渡る。

mariさんは、お花に力があると信じて、お花とカウンセリングを両方行うことで、健康になれると信じて頑張ってるよ!
是非、HPのhttp://aoitori-loiseaubleu.com/
も見に行ってね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター(since 2016/1/22)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する