お花とカウンセラーの日記
プリザーブドフラワーのアレンジを行うネットショップの店長から、カウンセラーを目指して突き進むmariの日記です。
記憶喪失(解離性健忘)
こんにちは。mariです。

この前のblogで手術をしてくれた外科医に診察をしてもらうと記載しましたが、
実際水曜日に3時間待ちしてレントゲンを撮って診察してもらいました。
でも、

「腸閉塞にはなっていないし、傷の治りも大丈夫だし、外科的には問題
ありません」

「頭痛とだるさ、吐き気はまた内科で診てもらってください」

と言われ終わりでした。
外科医に会えばこの苦痛から逃れられると、すごく期待していっただけに
ショックでした。また、この苦痛が続くのかと。

帰宅後、取り敢えず吐き気をどうにかするためにパンシロンを飲んで、
疲れたので寝て、夕食時もう気力を失って呆然としている私を見て夫が

「明日、内科に行こう」

と言ってくれました。
でも、その時気付くと、私は今まで苦しんできた1周間近くの記憶を喪失
してしまっていました。
なんとなく、blogに自分が書いた記事を読んで、自分がかなり苦しんでいた
事は理解できるのですが、それが実際にどの程度のものでどう感じていた
のかが、全く思い出せないのです。

また解離性健忘(思い出したくない、忘れたいという防御反応)になった
ようでした。

で、思い出せないのに内科に行ってもとぐずぐずしていた私を、母が背中を
押してくれました。
そして木曜日、内科に行き、記憶を失った事や取り合えず記憶喪失後の痛み
や吐き気などの症状を医師に話しました。すると、「筋緊張性頭痛ですね。
吐き気は頭痛についてくるから。胃カメラの映像を見たら胃がすごくきれい
だから胃酸が強いみたいですね。」と言われ、鎮痛剤は胃に悪いから、吐き気
止めの薬だけ出しますと薬を処方してくださいました。
そして吐き気止めの薬を飲み始めたら、何故か頭痛もだるさも吐き気も治まり
ました。

今日一日、まるで嘘のようにこれまでの症状は現れませんでした。明日も
このまま快適な状態だろうかと心配するほど。

これまでの症状は、手術後から最近まで飲んでいた炎症や痛みを取る強い
鎮痛剤の副作用だったのかもしれません。

どうか、明日からも頭痛や吐き気、だるさに襲われませんように。
スポンサーサイト
[2017/08/18 23:14] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<娘のこと | ホーム | 体の不調の精神への影響>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/1125-df2a8f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mari

Author:mari
天然ボケのmariさんに飼われている猫のblueです!2002/6/2生まれの♂のアメリカンショートヘアです。他にもMダックスフンドのさくら(♀、2001/6/1生まれ)やメインクーンのルイ(♂、2005/9/1生まれ)や三毛のメインクーンのイヴ(♀、2006/9/11生まれ)、メインクーンのレイナ(♀、2007/3/7生まれ)、メインクーンのセイラ(♂、2007/4/14生まれ)、メインクーンのシオン(♂、2008/6/30生まれ)も出てくるよ♪

2016/3/25 ブルーリンパ腫で虹の橋を渡る。

mariさんは、お花に力があると信じて、お花とカウンセリングを両方行うことで、健康になれると信じて頑張ってるよ!
是非、HPのhttp://aoitori-loiseaubleu.com/
も見に行ってね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター(since 2016/1/22)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する