お花とカウンセラーの日記
プリザーブドフラワーのアレンジを行うネットショップの店長から、カウンセラーを目指して突き進むmariの日記です。
氷点
こんにちは。mariです。

私には、年子の弟がいます。
私が、1歳4ヶ月の時に、弟は生まれ、母の関心は全て弟に向けられました。父はその頃
会社が忙しく、私は祖母に育てられてきました。
愛情を向けられない寂しさから、私は、自分が他の人より少し頭がいいらしいと分かった
中学生の頃から、人の何十倍も勉強をし、高校進学前の実力テストでは、確か、2000人
くらいいる中で40番となり、有名な進学校の理数科に入れるレベルまで到達しました。
そうして、順位が上がった頃から、ようやく母の関心は私にも向けられるようになりました。

その後、私は当時の最先端だった、パソコン、プログラミングに興味を持ち、進学校ではなく、
高専を選び入学し、そこでも又、バイトを試験期間もしながら、情報電子工学科で、主席で
い続けました。そんな私を母は、一位で当たり前、悪い点数を取ったら怒る、誉めないという
一貫した態度でした。

そして、私は本当は三菱電機の子会社でロケット開発等をしている所に興味を持っていて、
入社しようとしていたのですが、担任や母の

「一位なんだから、大きな会社松下電器に入りなさい」

と言われ、松下に入り、その後も学生時代と同じく、頑張り、子供ができても辞めず、トップ
で有り続けました。
母は、「娘が松下電器」というのが誇りでした。

だから、私がとうとう鬱病になり会社を辞めたら、その事実を二年間も母の周囲の人に
内緒にし続けました。やっと、辞めた事を話したのは、私が当時珍しかったプリザーブドフラワー
のネットショップを始め、また母にとって自慢となる娘になってからでした。

私は、アダルトチルドレンのヒーローでした。

そして、月日が経ち、カウンセリングによってアダルトチルドレンも治ったと思っていたの
ですが、弟が結婚し、母にとって二人目となる孫が誕生してから変わり始めました。

弟夫婦も、子供を産んでも働きたいという妻だったので、共働きが始まり、私も応援して
いたのですが、弟は子供が病気で保育園に預けれない時は、まず妻が休むという考え
で、それがどうしても無理なら自分で休めばいいのに、母に子供を預ける有様でした。
弟の甘えに対して、母は私に弟のことを文句いいながらも、孫を預かって、普段もおかず
やお菓子を弟夫婦にせっせと届ける有様でした。

そして、今日も孫を預かるような事が起き、母は嫌がっていたのですが、弟からいざ依頼
があると断れなかったみたいでした。私はその話を父から聞き、母に電話したのですが、
何度電話をしても出ないので、父に電話をしたら「今、髪をドライヤーで乾かしてるよ。
電話は今出ん!って。」

こういうのは、もう数回あった事ですが、あらためて傷つきました。

他にも、父が趣味の釣りで何十匹もの川魚を釣って帰った後、弟や近所には魚を配る
のですが、私には何の連絡もなく、父が「運賃が発生するから、麻里子には送らん!と
言ってたよ」と。母の悪口?を私に言う父も父ですが、なんだかもう嫌になりきりました。

もう、何回も繰り返されるこういう仕打ちに、今日の私は耐えきれず、心が氷点に達しました。

もうアダルトチルドレンは止めた!私はもう父母と連絡も取らない。知らない。もう嫌だ。

三浦綾子さんの小説「氷点」の女主人公「夏枝」は、夫が自分にした仕打ちを知って氷点に
達した後、どういう態度をしていたんだっけ?凍りついた心はどうなったんだろう?もう小説を
読んだ後大分経つから覚えていない。。。

スポンサーサイト
[2017/11/02 23:20] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<新しい仕事に向けて準備とリフレッシュ | ホーム | 採用です!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/1157-8f9a997e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mari

Author:mari
天然ボケのmariさんに飼われている猫のblueです!2002/6/2生まれの♂のアメリカンショートヘアです。他にもMダックスフンドのさくら(♀、2001/6/1生まれ)やメインクーンのルイ(♂、2005/9/1生まれ)や三毛のメインクーンのイヴ(♀、2006/9/11生まれ)、メインクーンのレイナ(♀、2007/3/7生まれ)、メインクーンのセイラ(♂、2007/4/14生まれ)、メインクーンのシオン(♂、2008/6/30生まれ)も出てくるよ♪

2016/3/25 ブルーリンパ腫で虹の橋を渡る。

mariさんは、お花に力があると信じて、お花とカウンセリングを両方行うことで、健康になれると信じて頑張ってるよ!
是非、HPのhttp://aoitori-loiseaubleu.com/
も見に行ってね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター(since 2016/1/22)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する