FC2ブログ
こんにちは。mariです。

一昨日の事なのですが、バイト先の職場でちょっと(かなり?)嫌な事があり、すっかり
気分が滅入ってしまい、他にも職場で嫌な事があったため、リストカットして、泣いて、

「もう、バイトを辞めようと思う」

と、母や夫に訴えて一人考え込んでました。これからバイト辞めたら娘に仕送りができなく
なるし、自分の夢のために鎌倉まで行って集中講座を受けれなくなる。どうしようと。

セルフカウンセリングで、自分で自分に質問してもパニックになっているので上手くいかず、
取り敢えず親友にメールを書こうと、パソコンに向かい、事情を知らない親友にも分かる
よう、何があったのか、一つ一つ丁寧に客観的に文章を書いていきました。

すると、メールを書き終わる頃には気分が晴れて、私小さな事で悩んでたなと思えるように
なり、バイトを続けていく決心が湧きました。

多分、感情に任せて日記に思うままに書きなぐるのではなく、事情を知らない人にでも分かる
ようにと客観的に説明するように書いたのが、自分を傍観者や第三者の目で見れるきっかけ
になったので良かったのではないかと思いました。

昔、メールカウンセリングをしていた時も、取り敢えずカウンセラーさんに分かるようにメール
を書くと、それだけですっきりして解決方向に向いた事があったので、「書く」という作業は
セルフカウンセリングで有効だという事が分かりました。

実際に書いたものを誰かに送らなくてもいいから、兎に角「書く」という事が大事なのでは
と思いました。何も知らない人に分かるように書くという点がポイントです。

行き詰まって、誰にも言えなくてという時、是非試してみてください。書いた文章を何度も
読み返すというのも、自分を客観的に見れるようになるのでオススメです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/1203-e52ef338