FC2ブログ
お花とカウンセラーの日記
プリザーブドフラワーのアレンジを行うネットショップの店長から、カウンセラーを目指して突き進むmariの日記です。
ペットロス2
こんにちは。mariです。

昨日は、夫が前からCMを見て飲んでみたかった梅酒の「CHOYA」を買ってきてくれ、
調子に乗ってガブガブ、ロックで飲んでいたら、もうすぐシオンが亡くなってから
一ヶ月経つのに、シオンの最後の時の幻覚を3回みました。

朝、起きてシオンのいるサークルを覗くと、シオンが倒れ、流動食を吐いて息もたえだえ
になっていて、シオンをサークルの外に出し、吐いたものを拭き取ってあげる。でもシオン
は息が口でしかできなくなっていて、ゼーゼーいっている。シオンが死んじゃう!
早く病院に電話して、車で買い物に行っている夫を呼び戻さないと!!という私が最後
にシオンを抱いた時の幻覚でした。

つらい、でも泣いたらまた怒られる。いい加減立ち直りなさいと。

ペットロスは、治るまでの期間は、自分にとっていかにペットが重要というか自分の時間
を占める存在だったかで変わってくるそうです。
そして周囲の理解も必要。

私は、
母「もうシオンは生き返らないんだから」
夫「いい加減前に進まないと」
友人「天界でシオンちゃんが、mariさんを心配して楽になれないよ」
と、言われ泣けなくなっていました。

「ペットロスとは?」より引用。

ペットロスの人がそばにいる人は、

「自分の周囲の人がペットロスになったとき、どのように接したらよいでしょうか。自分が
ペットロスを経験しているわけではないので、少なからず戸惑ってしまう方が多いでしょう。
ペットロスの人を励ますときには、一般的に以下のようなことに気をかけると良いです。

■一緒にいて、心の支えになる/(話せる状況になったら)亡くなったペットの話を聞いてあげる
■相手の価値観に合わせ、相手が心から悲しめる状況にする
■ペットの死後の手続きを手伝ってあげる 等

一番大切なのは、ペットロスに関する周囲とのギャップを感じさせないことです。本人自身が
できる最も効果的な克服方法が、無理せず悲しむがままに悲しむことなので、それができる
ような環境を作ってあげることが一番の手助けなのです。

また反対に、ペットロスの人に「してはいけないこと」も知っておく必要があります。

■すぐに新しいペットを勧めない
■何らかの行為を強制させない
■安易な言葉で慰めない

新しいペットを飼い始めることで、ペットロスの悲しみが和らぐこともありますが、まだ亡くなって
から1ヶ月もしないような早い時期に新たなペットを迎えると、そのペットを憎しみ、愛せなくなって
しまう可能性があります。安易に「また、新しいペットを飼えばいい」といった言葉をかけることは、
相手に価値観の違いを感じさせてしまうことにもつながるので、絶対やってはいけないことです。」

これを忘れないで欲しいと思いました。
でないと、ペットロスが治らず何年も引きずる事になってしまうのです。

お願い!どうか私が悲しむのを無理に止めないで!!
心配してくれているのは分かるのですが。ごめんなさい。

shion_1m.jpg
スポンサーサイト
[2018/10/07 13:56] | カウンセラー | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<バラの予約大苗、Getするぞー! | ホーム | 癒し系猫 レイナ♡>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/1293-be8e23f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

mari

Author:mari
天然ボケのmariさんに飼われている猫のblueです!2002/6/2生まれの♂のアメリカンショートヘアです。他にもMダックスフンドのさくら(♀、2001/6/1生まれ)やメインクーンのルイ(♂、2005/9/1生まれ)や三毛のメインクーンのイヴ(♀、2006/9/11生まれ)、メインクーンのレイナ(♀、2007/3/7生まれ)、メインクーンのセイラ(♂、2007/4/14生まれ)、メインクーンのシオン(♂、2008/6/30生まれ)も出てくるよ♪

2016/3/25 ブルーリンパ腫で虹の橋を渡る。

mariさんは、お花に力があると信じて、お花とカウンセリングを両方行うことで、健康になれると信じて頑張ってるよ!
是非、HPのhttp://aoitori-loiseaubleu.jp/
も見に行ってね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター(since 2016/1/22)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する