FC2ブログ
こんにちは。mariです。

我が家の猫達の中の女王様レイナが、最近妙に痩せてきました。
食欲もあり、元気で、一発芸ウィーン(レイナのウィーン)も絶好調なのですが…。

<痩せてきたレイナ>
2019reina-2.jpg

2019reina-1.jpg

レイナは、もうすぐ12歳。メインクーンの寿命が10-14歳なので、加齢による
体重減なのかも。なんだか、痩せたレイナを見ると、去年の9月に亡くなった
シオンの最後の頃の姿を思い出し、とてつもなく不安で悲しくなります。

私に一番なついてくれていて、いつも傍にいてくれるレイナ。シオンの時、
亡くなった直後に解離を起こして、記憶喪失になったように、それ以上の
ひどい精神状態になりそうで、怖いです。

村上春樹さんの「ノルウェイの森」にこんな名言があります。

「どのような真理をもってしても愛するものを亡くした哀しみを癒すことは
できないのだ。どのような真理も、どのような誠実さも、どのような強さも、
どのような優しさも、その哀しみを癒すことはできないのだ。
我々はその哀しみを哀しみ抜いて、そこから何かを学びとることしか
できないし、そしてその学びとった何かも、次にやってくる予期せぬ哀しみ
に対しては何の役にも立たないのだ。」

シオンの時、家族や友人達の言葉が何も役に立たなかったように、時だけ
が解決してくれたように、ペットが死ぬのは2回目だからと哀しみが半減
するわけでもなく、レイナの時もきっと激しい哀しみに襲われるのだろうと。

どうか、もっと長くレイナと一緒にいれますように。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/1378-1b48614f