FC2ブログ
こんにちは。mariです。

先ほど、blogの記事をupしてから、夕方頃からブルーの様態が急変し、
苦しそうに、お腹でまず息をするようになり、薬をすぐ飲ませたのですが、
ダメで、今度は胸や口で息をするようになっていき、これは危ないと
いつもの動物病院に電話したけど、受け付けはもう終了していて、
一か八かで留守電に、「相馬先生、ブルーの様態が急変しました!
どうしたらいいでしょうか?」と入れたところ、それから一時経って、相馬
先生がスタッフが戻ってきたので診られる体制が整ったので来てくださいと
言われ、連れて行って、検査したところ、

リンパ腫

という事が分かりました。細胞を取ったので明日来られる腫瘍専門の医師
に見せれば、どの程度のレベルか分かるそう。

でも、抗がん剤で週に一回治療をしたら、月に5,6万円かかるそう。そして
それで何年生きれるかは明日にならなければ分からないそう。

我が家には、残酷だけれどもまだまだ若くて手のかかるシオンがいる。
そして、それだけの費用を捻出できない経済状況にある。
何もしてやれないなら、苦しい顔を毎日みるくらいなら安楽死をと心を
かすめた。

でも、最後に見た酸素室の中のブルーの目は

「生きたい」

と確かに言っていたような気がする。
どうしたらいいの?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aoitori0113.blog21.fc2.com/tb.php/926-e6f9d07f